男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

国仲涼子

  • Kuninaka Ryoko
  • 出演
本名
出身地 沖縄県那覇市
生年月日 1979/06/09
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

沖縄県那覇市の生まれ。県立那覇商業高校卒業。那覇市内でアルバイト中にスカウトされて上京。1998年、フジテレビのアイドル育成バラエティ『芸能女学館』のレギュラー出演を経て、99年のTBS『L×I×V×E』で女優デビューを果たす。以後も同局の深夜アンソロジー『悪いオンナ』99の『プレイヤー』でドラマ初主演。2000年には堂本剛主演のTBS『Summer Snow』に、ヒロイン・広末涼子の同僚役でレギュラー出演した。そして、翌01年にはNHK連続テレビ小説『ちゅらさん』の主役に抜擢される。沖縄・小浜島で育った明るくおおらかなヒロイン・恵里をさわやかに演じ、ゴールデンアロー賞、エランドール賞の新人賞を受賞。一躍お茶の間の人気者となった。恵里の成長を軸に、家族や周囲の人々との温かい絆を描いた本作は、03年と04年、07年に続編が制作されるほどの人気を獲得。続いてNHK時代劇『五瓣の椿』01では、亡き父の無念を晴らすため復讐に燃える主人公・おしのを演じ、ブルガリアのゴールデンチェスト国際テレビ祭の最優秀女優賞に輝く。『ちゅらさん』と同じ岡田惠和脚本のTBS『夢のカリフォルニア』02では、大学受験に失敗した元優等生のOL役を好演。以後もフジテレビ『天才柳沢教授の生活』02、TBS『ブラックジャックによろしく』03などドラマ出演が相次いだ。映画デビューは04年の梶田征則監督「ミラーを拭く男」。定年間際に起こした事故がきっかけで全国のカーブミラーを拭く旅に出た男(緒形拳)の娘を演じた。05年には村上正典監督「電車男」に、山田孝之演じるオタク青年の恋愛をネット掲示板から応援する看護師役で出演。その後も、長澤まさみ主演の恋愛映画「そのときは彼によろしく」07、木村拓哉主演の大ヒットドラマの映画化「HERO」07などに助演し、宇恵和昭監督「ダーリンは外国人」10では、井上真央演じる主人公のよき理解者となる姉を演じた。ドラマでは、フジテレビ『みんな昔は子供だった』05に山村の分校に赴任してきた女教師役で主演。そのほか、TBS『ブラザー☆ビート』05、『タンブリング!』10、フジテレビ『結婚できない男』06、『風のガーデン』『セレブと貧乏太郎』08、『幸せになろうよ』11、日本テレビ『ホタルノヒカリ』07、テレビ朝日『オトコの子育て』07、NHK『ROMES/空港防御システム』09、『マドンナ・ヴェルデ/娘のために産むこと』11などがある。

キネマ旬報の記事